忍者ブログ バレンタイン
[1] [2] [3] [4] [5]

DATE : 2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/03/08 (Sat)
ホワイトデーの仕掛け人とされるのはキャンディー業界ともマシュマロ業界ともいわれていますが、今回はマシュマロの方に注目してみたいと思います。

マシュマロをホワイトデーの始まりのお菓子とするのは石村萬盛堂ですが、マシュマロをバレンタインデーのお返しのお菓子としたのは、石村萬盛堂の社長が何気なく目にした雑誌の読者の疑問からだったそうです。
当初はマシュマロデーと呼ばれていた3月14日でしたが、バレンタインデーのお返しに欲しい物の上位に入っていたマシュマロが白い色をしていることから「ホワイトデー」となったようです。
石村萬盛堂のお菓子の中にマシュマロでできたものが偶然あったために、その中にチョコレートを入れ、バレンタインデーのお返しのお菓子として定着させようとマシュマロデーが考案されました。

ところで「マシュマロ」とはもともと古代エジプトの頃からあったウスベニタチアオイという植物の粘液で作られたお菓子の事で、神々や王族のみが食べられる物でした。
近代的なマシュマロはというと19世紀前半頃からフランスとドイツで発展したとされています。
このころ現在のような軽くふわりとした一口サイズのマシュマロが誕生したそうです。
そして同世紀の後半以降、ゼラチン、卵白がマシュマロの樹液の代用となり、現在では原産のヨーロッパよりもアメリカ合衆国で、焼くなどしてよく食べられるようです。

歴史も古いお菓子ですので、マシュマロをホワイトデーのお返しにするのも良い事なのではと思います。
PR
忍者ブログ [PR]