忍者ブログ バレンタイン
[32] [39] [59] [53] [52] [56] [54] [58] [51] [55] [49]

DATE : 2017/08/20 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/03/01 (Sat)
3月14日、ホワイトデーはマシュマロを贈り物とするマシュマロデーとして始まったとも、キャンディを贈り物として贈る日として始まったともされています。
キャンディをバレンタインデーのお返しにする「キャンディのための日」などとまで言われているものも目にします。

今回はそのキャンディの方に注目してみたいと思います。

ホワイトデーが公式に誕生したのは1978年だそうですが、キャンディの販売の促進を目的にキャンディをバレンタインデーのお返しに贈ろうと呼びかける日ともなりました。

キャンディの需要を拡大する為のキャンペーンのような役割から生まれたホワイトデーですが、なぜキャンディデーとならなかったというと、「ホワイト」には「シュガー」や「スイート」という意味もある事からだそうです。
キャンディの主原料は砂糖ですので、ホワイト=キャンディとなるのも納得できる事ともいえます。

贈り物を恋人同士がしあう「フラワーデー」や「ポピーデー」などの日が欧米にはあるそうですが、キャンディなどを贈るのは日本が発祥で、日本人に昔から馴染みのあった飴だからこそ持つ良さもホワイトデーに活かせればいいのではと思います。

キャンディとはアメリカ英語でイギリスではスイーツというのが一般的ですが、これは主原料に砂糖や水飴を用いて、副原料にはクリーム、バター、チョコレート、香料などが用いられます。
語源はアラビア語ともラテン語ともインドの古い言葉とも言われています。

キャンディとひとことで言ってもその種類にはドロップ、タフィ、バタースコッチ、ソフトタイプではキャラメル、ヌガーなどがあります。
日本で一般的にキャンディというとドロップタイプなどの事を言うのでしょうか。
ヌガーなどは副原料にメレンゲが使われており、コーヒーなどに良く合うタイプのキャンディだそうです。

キャンディ、現在では外国製のお洒落な物なども手に入りやすいですので、ホワイトデーの贈り物などには最適なのではと思います。
PR
忍者ブログ [PR]