忍者ブログ バレンタイン
[70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [60] [61]

DATE : 2017/08/20 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/01/25 (Fri)
日本のバレンタインは、女性から男性に贈ると言う形が主ですが、中国ではどんな風にバレンタインを過ごしているのでしょうか。

中国では女性がチョコレートを男性に、男性はバラの花束を贈るのが中国のスタイルです。

日本のように中国にホワイトデーはないようです。

バレンタインデー当日の花市場は、バラの花束が大人気で、それを買いに来るカップルで花市場はとても賑やかになるそうです。
バレンタインデーの時はバラの価格がかなり高くなるそうです。
中国も日本も男性は大変ですね。

特に中国は見栄っぱりな所が多々あると聞いたことがあります。

ものすごい外観の家の中は、からっぽなんて言うこともあるようです。これも国民性とういうものなのか、日本に比べると中国は高額商品が良く売れるそうです。

バレンタインデーはバラの花束ですが、日常でも中国の男性はよく花を買うそうです。
花束を持った男性を街中でよくみかけるのは中国ならではですね。
日本人の男性も、女性にたくさん花を買ってくれるとロマンチックなのに、と思います。 

2月14日のバレンタインデーの北京花市場の様子は、大量のバラの花束が用意され、バレンタインデーのバラの価格は10倍にも跳ね上がるそうですよ。やはりイベントごとなのでためらいなく買うそうです。

日本でチョコレートが馬鹿売れすることと同じですね。

バラの花束を買いに来ているカップルと車で渋滞する花市場。
カップルで買いに来るのが中国流なのでしょうか。日本でこの状況に近いイベントはクリスマスですね。

路上で花束を作り、路上でやっているのも中国の素敵な所ですね。
夕方になるとバラの価格が一気に暴落するそうです。

日本では女性がチョコレートを探している2月14日のバレンタインデー。
中国ではカップルが素敵な夜を過ごすんですね。

すてきな国だと思いました。
PR
忍者ブログ [PR]